サン・グローバルのISO9001/ISO14001内部監査員養成セミナーの1日コースが大好評!!
1日コースも2日コースも、「修了証」を発行します。
企業内では「定番」の1日コースを一般公開セミナーとして開催します。
目的別に受講してください。
日程と費用は、サイトメニューの「セミナー開催のお知らせ」からご確認ください。

■ISO9001(1日コース内部監査員養成セミナー開催日)
  ・平成30年 4月19日 (木)
  ・平成30年 6月21日 (木)
  ・平成30年 8月24日 (金)
  ・平成30年10月24日(水)
  ・平成30年12月19日(水)

■ISO14001(1日コース内部監査員養成セミナー開催日)
  ・平成30年 5月24日 (木)
  ・平成30年 7月25日 (水)
  ・平成30年 9月21日 (金)
  ・平成30年11月21日(水)

◆セミナーお申し込み方法

  • FAXでのお申し込みには、サイトメニューの「セミナー開催のお知らせ」の「受付中」のリンクから用紙をダウンロードしてご利用ください。上のセミナー日程最新版の右側もご利用いただけます。
  • メールでのお申し込みは、「セミナー参加希望」のタイトルで氏名、電話番号、企業名、ご希望のセミナー名、ご希望日時を明記してご連絡ください。
    Mail :
    main@3gc.co.jp

◆1日コース(出前研修有り)
目的:監査リーダーの下で実際の内部監査ができるレベルまでの知識・技術を学びます。

①作成されたチェックリストに基づき質問し監査証拠を集める。
②入手した情報を規格要求事項と結び付ける。
③指摘がしっかりできる。
内部監査員として監査リーダーの下で実際に内部監査ができるレベルを目指します。
2日コースへの参加は日程的に難しいというお客様にもこちらのコースをお勧めします。
参加費用:会員/18,000円 一般/20,000円 (税別・テキスト代・昼食費含む)
※会員:弊社コンサル実績有企業様及び弊社一般内監セミナー受講歴有企業様

◆2日コース((出前研修有り)
目的:監査リーダーとして内部監査が実施できるレベルまでの知識・技術を学びます。

①実施計画書の作成。
②内部監査の実施。
③監査報告書の作成。
④是正処置の評価。
監査リーダー的立場の知識・技術を学び、内部監査のレベルアップをはかるためのカリキュラムを組み込んでいます。
参加費用:会員/30,000円 一般/33,000円 (税別・テキスト代・昼食費含む)
※会員:弊社コンサル実績有企業様及び弊社一般内監セミナー受講歴有企業様

◆現地内監指導 
御社の実情に合わせ、当社より専門家を派遣して御社の経営力アップに向けた内部監査を現地指導で行います。内部監査員の演習やレベルアップ研修にもご利用ください。日程・費用・内容などご相談ください。
TEL:055-233-3130

◆会員価格について
一度でもSGCの一般内監を受講された企業様も会員価格とさせていただきます!
※会員:弊社コンサル実績有企業様及び弊社一般内監セミナー受講歴有企業様


弊社ではこれまで30社以上のPマークコンサルを実施しています。
現在2017年に改訂されたJISQ15001に対応したPマーク改訂版の
コンサルを実施しています。


サン・グローバル総合研究所では、認証取得までのハードルが高いといわれる
中小企業向けのAS9100(航空宇宙国際品質規格)や
ISO13485(医療機器国際品質規格)コンサルを実施して、
この3年間で4社の認証取得実績を残しています。
また、認証取得後も運用面などでアフターフォローをしており、
中小企業でAS9100やISO13485の認証取得を検討中の皆様の強い味方として
支援を行っています。


IATF16949は自動車産業と取引をする部品/材料メーカー(サプライヤー)に
取引条件として要求する国際品質規格で、ISO9001より求められる要求事項は高度となっています。
サン・グローバル総合研究所の経験豊富なIATF16949構築並びに審査スタッフが
第2者監査として参加し、御社のIATF16949の構築並びに運用をお手伝いしますので
お気軽に問合せ下さい。


日本弁理士会関東支部が主催した「知的財産セミナー2017」(2018年3月2日)において
藤田所長が「経営コンサルティング活動からみた特許等のトラブル事例」をテーマとして
講演しました。
内容は、経営コンサルタントとして過去40年間に渡り、
延べ数千社の企業経営の現場に係わってきた経験を基に
特許等に係わるトラブルの事例を発表するとともに、
これらの事例をケーススタディとして参加者でグループ討議を行いないました。
詳細は、日本弁理士会関東支部ホームページ参照。
http://www.jpaa-kanto.jp/chizai_seminars/yamanashi20180302.html


弊社所長が平成29年6月30日付けで、
国が企業経営の専門家として認定する「認定経営革新等支援機関」として
認定されました。

「認定経営革新等支援機関」とは、
中小企業が直面するさまざまな経営課題に対して事業計画や
経営アドバイス等により支援する国が認めた経営の専門家といえます。

弊社所長は1977年4月より大手企業調査会社で企業調査に従事し、
1981年4月に通産大臣(現.経産大臣)登録中小企業診断士となり、
過去40年間で延べ数千社の企業経営の現場調査や診断、指導を実施してきた
全国的もトップクラスの経営コンサルタントと評されています。

御社においても、是非国の支援を得て
当社所長の経営診断・アドバイスを一度受けてみませんか。
問合せは、弊社に電話、メールで連絡ください。
電話:055-233-3130
mail:main@3gc.co.jp


最近、ISOの2015年版改訂を一部の審査会社が審査と一体となって
指導と称してコンサル業務的なことを行っている話が絶えません。
審査会社がコンサル業務を実施することはISO違反であり、
これにより認証取得した企業もISO認証が無効となります。

既にこの噂は業界に広まっており、ISOでも調査を開始し、
弊社関係先でも状況について確認されています。

サン・グローバル総合研究所は平成12年より17年間にわたり
ISO9001やISO14001のほか、ISO13485(医療品質国際規格)、ISO22000(食品安全規格)、
ISO27001(情報セキュリティ規格)、ISO/TS16949(自動車品質規格)など
あらゆるISOに関するコンサルティングを実施しており、
新規認証取得だけでも450件以上の実績を有し、
2,500人以上の内部監査員を養成しています。

このような全国的に有数なISOコンサル実績は、
全国約60の審査機関からも高く評価されています。

また、サン・グローバル総合研究所の特色としては、
特定の審査機関とのつながりはなく、
全国約60審査機関から幅広い信用と実績を有しています。
このため、認証取得企業様の要望や現状に合わせて
最適な審査機関を紹介することが可能です。

詳細は、下記にお問い合わせをお願いします。
Tel:055-233-3130
mail:main@3gc.co.jp


弊社所長の藤田泰一が現在座長を務めている県の「やまなし育水研究会議」に関連して、
平成28年11月24日(木)に山梨県が「やまなし育水推進県民大会」(ベルクラッシク甲府)を開催します。
同大会は、平成27年度に県が策定した山梨県の水ブランド戦略事業の一環として開催され、
当日は東大准教授の蔵治光一郎氏が基調講演を行い、
そのあとにパネルディスカッションを行います。
パネルディスカッションは、弊社所長藤田がコーディネーターを務め、
パネリストには、山梨大学教授風間ふたば氏、JA梨北澤井實氏、
やまなし暮らし支援センター移住専門相談員倉田貴根氏が出席し、
「やまなしの水を守り、水を育て、水を生かす」をテーマに実施します。


AS9100(AQMS)-航空宇宙品質規格は、航空、宇宙及び防衛産業界の
サプライチェーンで必要とされる品質規格で、
通常以上の安全性や信頼性が求められ、数ある品質規格でも最難関に位置づけられます。
サン・グローバルでは、AS9100認証取得のためのコンサルティングを実施中です。

また、同じく難関規格で医療関係産業において必要性の高い
ISO13485(医療機器品質国際規格)の認証取得はすでに数社の実績があるほか、
食品分野の専門規格(ISO22000)や、自動車分野専門規格(TS/ISO16949)、
労働安全分野(ISO45001)、環境分野(ISO17025)など認証取得実績も
数多く有しています。


サン・グローバル総合研究所は
ISOの取得が難関とされるISO13485(医療機器国際品質規格)の
2社のコンサル実績(2社とも認証取得)を有しています。
また、近年ISO13485の認証を希望をする企業様より
サン・グローバル総合研究所へコンサルの問い合わせや依頼が続出しています。
ISO13485はISO9001やISO14001と違って、通常の企業では取得な難しい企画です。
サン・グローバル総合研究所の優れたコンサルノウハウが全国の多くの企業に認められています。

 

 


« 次へ
 
◆企業概要
◆最新情報
◆セミナー情報
◆コンサル・コラム
◆お問合せ先
◆セミナー申込
◆リンク集

◆コンサルティング実績
◆コンサルスタッフ一覧
◆コンサルティング費用
◆お客さまの声
◆パートナー募集

◆経営コンサルティング
◆組織活性化支援
◆人事・賃金制度構築
◆社員教育
◆地域振興計画支援
◆ISO9001
◆ISO14001
◆ISO22000
◆OHSMS(OHSAS18000)
◆ISO27001
◆ISO13485
◆ISO/TS16949
◆ISO50001
◆P(プライバシー)マーク
◆EA(エコアクション)21
◆その他規格
株式会社サン・グローバル総合研究所

本社:山梨県甲府市相生1-7-3 東京営業所:東京都杉並区久我山5-8-6-307

Tel:055-233-3130 Fax:055-220-1353 E-mail:main@3gc.co.jp

Copyright(c) 2016 株式会社 サン・グローバル総合研究所 All Rights Reserved.